MENU

【2023年11月末】ベストウエスタンプラスホテル香港|その3(JCBプラザ&お得な両替とスターフェリーの利用編)

この記事で分かる事
  • 『ベストウエスタンプラスホテル香港』から『JCBプラザラウンジ香港』へバスで行く方法。
  • 『JCBプラザラウンジ香港』から、お得な両替『重慶大厦(チョンキンマンション)』への歩き方
  • 重慶大厦(チョンキンマンション)からスターフェリー乗り場への歩き方
  • スターフェリーを降りてから『ベストウエスタンプラスホテル香港』への戻り方

2023年11月末に初めて香港に行きましたが・・・

ネットで情報を調べて行ったのですが、正直どれも古い情報で、かなり違っていました。

そこで、2023年11月末時点のわたしの体験を、最新の情報としてまとめました。

香港旅行をされる方のご参考となれば幸いです。

目次

『ベストウエスタンプラスホテル香港』から『JCBプラザ』へバスで行く方法

『JCBプラザ』は、JCBカードを持っていると観光情報などを入手することができます。

『JCBプラザラウンジ香港』近くには、両替レートの良いと評判の『重慶大厦(チョンキンマンション)』も有るので、散策を兼ねてバスで移動してみたので、移動ルートをご紹介します。

『ベストウエスタンプラスホテル香港』と『JCBプラザラウンジ香港』の位置関係。

『JCBプラザラウンジ香港』は『ベストウエスタンプラスホテル香港』のある香港島からは、ビクトリアハーバーを挟んだ対岸の九龍に位置します。

行き方は、下記のGoogleマップの通り、『歩き+地下鉄を乗り継ぐ30分間のルート』と、『バス1本+歩きの22分のルート』が有ります。

運賃はバスの方がお安くて、移動時間も短く済むので、行きはバス、帰りはビクトリアハーバーを『スターフェリー』で渡るというルートで移動してみました。

『ベストウエスタンプラスホテル香港』からのバス移動

スマホのGoogleマップで、行先を『JCBプラザラウンジ香港』と検索してみると・・・

バス路線や、乗車バス停・降車バス停や時間までしっかり表示してくれます。

『ベストウエスタンプラスホテル香港』の最寄りバス停『水街(Water Street)』は、徒歩1分で・・・『コートヤード バイ マリオット 香港』の道向かいにあります。

Googleマップの時刻表通りに到着しました。

次のバス停も、モニターに表示されるので、降り間違いもありません。

あとは、Googleマップの通りに歩くと、Appleストアの前まで到着しました。

『JCBプラザラウンジ・香港』は、Prince Hotel Harbour Cityの4階にあります。

初めはどの建物か分からず、ショッピングモールの中を探し回ったのですが・・・ホテルの入り口から中に入り、ホテルのベルスタッフに尋ねると、奥のエレベーターから4階に上がれると在ると教えてもらえました。

引用:JCBプラザ ラウンジ・香港 公式ページ

『JCBプラザラウンジ・香港』では、無料のガイドブックと地図をもらって、両替レートの良い『重慶大厦(チョンキンマンション)』への行き方も教えて頂きました。

『JCBプラザラウンジ・香港』から『重慶大厦(チョンキンマンション)』への行き方

この間は徒歩なので、Googleマップの検索で、バッチリです。

途中、九龍公園の前を通って・・・

直に行けば、10分程で『重慶大厦(チョンキンマンション)』に到着です。

中には沢山の両替店と怪しげなお店が有ります。

両替店のレート表示は、どこもほぼ同じ(buy:0.0524~0.0526)ですが、あるお店で1万円を香港ドルに換えると幾らか?と尋ねたところ、表示と異なる金額(コミッションが取られる)だったので、確認してから両替するのが良さそうでした。

それにしても前日の空港のレートは(buy:0.0471)だったので、1万円で約50HKD(約1,000円)もの違いが発生する事になります。(2023年11月末頃のレートの場合)

空港での両替は最小限が良いですね。

『重慶大厦(チョンキンマンション)』から『尖沙咀(チムサーチョイ)スターフェリー乗り場』への行き方

香港島へ戻るのは、乗ってみたかった『スターフェリー』です。

尖沙咀(チムサーチョイ)のスターフェリー乗り場へは、ビクトリアハーバーを望める海沿いを歩くルートを選びました。

(Gooleマップでは何故か蛇行してまっすぐに海の方に向かっていませんが、実際はまっすぐに行くことができます。)

写真は、Googleマップの写真スポットに示してある、『九龍 Public Pier』からの景色です。

気持ち良く散策出来るルートです。

スターフェリーは2階建てで、中環(セントラル)行きは、1階(下層)と2階(上層)で乗り場が異なっており、入り口も料金も違います。

平日の大人料金は、下層4HKD・上層5HKD、土日は下層5.6HKD・上層6.5HKDです。(2023年4月3日改訂)

当初は2階に乘ろうと思っていたのですが、いざ乗船する時、乗り場が違う事を失念して、1階に乗船してしまいました。

料金は『オクトパスカード』で支払いが出来るので簡単便利です。

尚、行先は中環(セントラル)と湾仔(ワンチャイ)の2つが有るので、間違いないように気を付けましょう。(Googleマップは歩きになっていますが、実際はフェリーなのでご安心を・・・)

乗ってみると、1階は海面に近く、海をより肌で感じる事ができて結果的に良かったと思いました。

船内の感じも、レトロな雰囲気があって良かったです!

中環(セントラル)の船着き場です・・・

尚、尖沙咀(チムサーチョイ)行の乗り場も、1階と2階で異なっていますので、ご注意を・・・

中環(セントラル)のフェリー乗り場から、トラム駅(Pedder Street)までの移動

フェリー乗り場に到着したら、中環(セントラル)の中心街のトラム駅(Pedder Street)まで、徒歩10分程です。

回廊を通って行けるので、信号待ちの必要もありません。

途中、中環(セントラル)のMTR駅に大きなショッピングモールなども在るので、ショッピングも楽しめます。

中環のトラム駅(Pedder Street)からは、トラム3HKDで14分です。15分間隔で運行されているので、たいして待たずに乗ることができます。

2階席からの景色も良く、リーズナブルで楽しめるので、地下鉄MTRよりもトラムを多用しました。

まとめ

Googleマップを使うと、ほぼ正確にバス路線と時刻を表示してくれるので、リーズナブルに効率よく移動する事ができます。

オクトパスカードを持っていれば、小銭での支払いに戸惑う事も無く、パッと乗れてパッと降りる事も出来ます。

スマホを片手に自由自在に動けますが、一点気を付けたいのがスマホのバッテリーです。

Googleマップを使っての移動は、日本で使う以上に電池の消費が激しいように感じました。モバイルバッテリーは必須なので、気を付けると良いかと思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次