高岡伝産 × 覆面レスラーとラジオプロデューサー

「若手職人衆と覆面レスラー、ラジオプロデューサーがタッグチームを組んで“凶器”を共同開発!」

とある日の仏具の街、高岡市。あるプロレスラーの一言が少しだけ世間を騒がせる。
「伝統工芸の技法を使った高付加価値のプロレスの凶器をつくったらいかがでしょう?」
職人たちはそんな言葉を真に受けて、大真面目で凶器を開発するプロジェクトを発足させる。その様子は『仏具のまち高岡市で“冥土 in 高岡”な工芸を手がける若手職人衆と覆面レスラー、ラジオプロデューサーがタッグチームを組んで“凶器”を共同開発!』と地元新聞やネットニュースとなって駆け巡った。このニュースにいたる経緯はいったいどんなものだったのか?
覆面レスラー、スーパー・ササダンゴ・マシンさん、ラジオの名物プロデューサーであり牽引者・橋本吉史さんと行く、工場見学仮想バスツアー!動画でお楽しみ下さい!!


 

― 工場を訪れたゲスト 

 

スーパー・ササダンゴ・マシン (冥土おこし協力隊)

HP Twitter Instagram

新潟在住、謎の覆面レスラー。1977年11月5日生まれ。新潟県新潟市東区有楽2丁目在住、新潟市立下山中学校、新潟明訓高校、早稲田大学第二文学部中退。DDTプロレスリングを経て2010年に実家の金型工場「坂井精機株式会社」の後継となるため帰省。2013年頃から覆面レスラー「スーパーササダンゴマシン」として復帰し、家業と兼業生活に。2015年に新潟大学大学院技術経営研究科を卒業。2020年に坂井精機の三代目社長に就任。得意技はパワーポイントを使ったプレゼンテーション。 いかなる争いごとも話し合いで解決したいタイプの現役プロレスラーです。

 

TBSラジオプロデューサー 橋本吉史 (牽引者)

HP Twitter

 1994年生まれ。北海道札幌市にあ浄土真宗のお寺に生まれる。

1979年生まれ。富山県高岡市出身。一橋大学商学部卒。2004年TBSラジオ入社。プロデューサーとして「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」「ランキングトークバラエティ ザ・トップ5」「ジェーン・スー 相談は踊る」「ジェーン・スー 生活は踊る」「都市型生活情報ラジオ 興味R」を立ち上げ、2018年4月「アフター6ジャンクション」(パーソナリティ・宇多丸)をスタート。「ストリーム」「小島慶子キラ☆キラ」のディレクターや「赤江珠緒たまむすび」「久米宏ラジオなんですけど」「爆笑問題の日曜サンデー」「鈴木おさむ考えるラジオ」などのプロデューサーも歴任。本格音声コンテンツ制作プロジェクト「Audio Movie®」プロデューサーとしても活動し「令和版・夜のミステリー(三宅隆太監督脚本作)」にて「JAPAN PODCAST AWARD2020エンタメ部門大賞」受賞。第42回ギャラクシー賞ラジオ部門大賞、第43,51回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞、第46回ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞担当、第53回ギャラクシー賞ラジオ部門奨励賞受賞。「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」ラジオ&オーディオ広告部門審査員。


 

― 任命式 

職人たちはいつだって悩んでいる。「僕らは何をつくればいいんだろう?」「作ってもどうやったら売れるんだろう?」「どうやったら伝統産業はもっと盛り上がるんだろう?」そんな悩みをなんとかすべく、なんとかしてくれそうな2人を呼び寄せた!!覆面レスラーさんとラジオプロデューサーさんをお招きした、超異色な伝統工芸の工場見学ツアーがついにスタート。

 ― 見学先紹介 ―

 

和田彫金工房:和田 瞬佑(RN/おかかごはん)

HP Instagram Twitter 

 4代目彫金職人にして、中学生からのラジオ好き。東京工科大学メディア学部メディア学科卒業後、某ゲーム会社で映像編集職を経てUターン、実家の彫金工房に勤務する。今回のゲストの一人である橋本氏がプロデュースしていた「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」で行われた「富山最高特集」に送ったメールが採用された。その数年後に青年会で出展したブースを覗きにきた橋本氏と偶然の出会いを果たし、いろいろあって今回の企画へとつながっている。ほとんど聞くだけ投稿はしないリスナーではあるが、たまにここぞとばかりに投稿メールをおくっては番組ステッカーをもらってウキウキしている。


 

― 見学先1~4件目 

 

 手彫り彫金、蒔絵、砂型鋳造、伝統着色…さまざまな工場をめぐります。coming soon!

 ― 見学先紹介 ―

 

漆芸吉川:吉川 和行

Instagram

3代に渡り、塗師屋、蒔絵師として漆芸の仕事に携わっています。主に蒔絵に特化した仕事をしており金、銀、貝、卵殻などを材料とし本漆を用いた様々な技法で表現しています。お茶の道具やアクセサリーのような手に収まるものから建材など大きな部材にも蒔絵を施すなど仕事の幅を広げています。また、分業制である問屋仕事とは別に作家としてのチャレンジを行っており「用と美」にこだわった作品づくりを心掛けています。

 

般若鋳造所:般若 雄治

HP

1870年創業、約150年にわたり高岡銅器の製造に携わっています。茶道具を中心に、銅器だけでなく茶釜や鉄瓶などの鉄器も鋳造しています。作家活動を行っている職人も在籍しており、日本伝統工芸展をはじめ様々な展覧会への出品も活発に行っています。1つの鋳型に複数の金属を流す「吹分鋳造法」での作品制作を得意としており、熔けた金属の混ざり方によって生み出される神秘的な模様が作品の特徴です。

 

(有)モメンタムファクトリー折井:櫻野祐一

HP

金属は時間の経過とともに、酸化し表情が変化していく「経年変化」。それぞれの金属の特性を生かし、高岡銅器の伝統的な着色技法を駆使し、着色発色で様々な色を作り出す。それが「モメンタムファクトリー・Orii」です。伝統的技法を応用し薬品、時には食材も用いながら金属が変化し発色していく様子は、一見の価値あり!!その時々に現れる斑紋は同じものはなく、様々な表情を見せてくれます。近年ではその伝統的な手法を活かし、新たな発色技法を確立しました。発色した製品にはひとつとして同じ斑紋はなく色には多彩な表情があり、それら色を用いて建築・家具・クラフト商品に提案しております


― 座談会 スーパー・ササダンゴ・マシンさんによるSWOT分析  

 高岡の職人たちがとるべき次の1手は? 工場見学を終えた覆面レスラー、スーパー・ササダンゴ・マシンさんと牽引者・橋本吉史さん、職人たちが、伝統工芸の戦略を考える!? coming soon!

  

― 見学先紹介 ―

 

(株)梶原製作所:渡邊 尚希

HP

梶原製作所は明治35年に創業以来110年余り、高岡銅器の伝統技法を継承してきました。企画設計から最後の設置に至るまで、一貫制作でのものづくりを行っています。その製品は大型の仏像・銅像はもちろんのこと、モニュメント・パブリックアート、梵鐘や仏具など多岐にわたります。最近では、国宝再現・修復事業にも携わらせて頂いており、独自のノウハウと熟練した職人技により制作したものの数々は、全国各地、また海外まで設置されています。

タイトルとURLをコピーしました