高岡伝統産業青年会

2017年見学先 有限会社小島製作所

誰でも見た事あるもの鋳造中

明治30年頃から真鍮を素材とする製品製造をし、戦後から現在の商品である、仏具の代表格「机上香炉」作り続けている。
それが「有限会社 小島製作所」です。
創業当初から受け継がれた技術を、若社長5代目小島大代表、率いる若手職人達が金属を溶かし、型に流し込み、削り、磨く!!
 
そんな迫力ある作業工程を間近で見学できる「小島製作所」は、高岡クラフツーリズモAコース。「スタンダード高岡コース~鋳物から漆器まで~」でご覧いただけます。

会社名有限会社小島製作所
住所933-0951  高岡市長慶寺1000
TEL0766-21-8530
ホームページ無し

仕事内容

写真 (2)  製造しているものは、机上香炉。名前を聞いてもピンとこない人が多いでしょう。しかし、誰でも一度は見た事があるもの。サイズは2寸~8寸。製造方法はまず、溶解炉で真鍮を鋳造し、シェル型に鋳込む。次に製品となる部分を取り出し旋盤にかける。そして、ものによってはバフ研磨をして出荷。

クラフツーリズモ参加者への皆様へ

 鋳造の鋳込みのシーンを中心に見てもらうことになります。大変熱く、煙や炎が出す迫力は他の仕事ではあまり見られない光景だと思います。その代わりに、危険と隣り合わせの仕事になりますので、お越しいただいた際は充分にお気を付けいただきたいです。仏具がどんな方法で製造されているかをみにきてください。

Gallery